ファンドラップとNISAを利用すべき人とは?

忙しくて株価チェックができない人

仕事やプライベートに忙しく、平日の昼間株価のチェックがしにくい人は、ファンドラップやNISAを使うのに向いている人だと言えるでしょう。なぜなら、このどちらもが、手間をかけずに投資に参加できる代表的な方法だからです。
ファンドラップは、投資の実質的な部分については証券会社のプロフェッショナルが代行してくれます。利用者としては、許容できるリスクを指定するぐらいしかやることはありません。ですから、忙しくても的確に売買を済ませることができるわけです。
NISAは、中長期的な保有に向いている制度です。高配当な株を限度額まで購入して、後は数年放置するという使い方が一般的です。税金額が低くなって普通に株を持っているよりも配当金が多くもらえるので最高です。

株取引初心者の人にも向いている方法

ファンドラップにしてもNISAにしても、株取引初心者の人には適しています。ファンドラップは、証券のプロが運用を代行してくれるわけですから、株についての知識が本人にはまったく必要なくなります。難しいことは分からないというお年寄りの人でも有効に資産運用ができます。
NISAは、子供でも口座を作れます。ジュニアNISAのというものがあって、少額で非課税の取引ができます。これはその名の通りに子供にも投資に興味を持ってもらおうという趣旨の制度です。0歳から19歳までなら口座開設ができるので、若い人たちの投資への最初の一歩としても最適です。最大で五年間も非課税期間が続くのは大きく、お年玉などでNISA口座を開設する人が多いです。

© Copyright Mutual Fund Banner. All Rights Reserved.